東京オリンピックと大阪万博

東京オリンピックの次は大阪万博の誘致だそうです。
この動きにネットでは、「昭和かよ」という意見が書き込まれていましたが、実際に前のオリンピックと万博を経験した世代の人たちも、意見はやはり「昭和かよ」のようです。

1964年の東京オリンピックと1970年の大阪万博。当時の日本は、高度成長期真只中。人々は、普通に働いていれば、毎年収入も上がる。いまの日本と比べ、なんと精神的ストレスが少ない時代だったことか。
1964年の東京オリンピックは、太平洋戦争後のひとつの節目。連合軍に大敗した日本が見事に復興を遂げ。再び世界へ旅立とうとしている。そのことを象徴したものでした。その成功を追認する形で実施されたのが大阪万博です。

それに対し、2020年の東京オリンピックの位置づけはどうなのでしょうか。そして大阪万博の誘致に成功したなら、それは世界に対するどのようなメッセージになるのか。

現状の日本、底が見えない少子化。日銀の金融緩和で、辛うじて正常を繕っている経済。
こんな状態で、ビッグ・イベントを催す。
こんな実態を放置している日本人。やはり、どこかおかしいです。

日本人は他の人を気にしすぎ

私が日本人のおかしいと思う点は、人のことを気にしすぎると言う事です。
自分の意見がないというか、人に合わせる人が多いと感じます。
自分が正しいと思っても、これを言ったらみんなどう思うだろうかと多くの人は考えを曲げます。
外国の方は自分の意見をきちんと持っていて素晴らしいと思います。
日本では派閥や年功序列などもあり、思ったことをあまり言えないのが現実です。
私は日本人のこんなところがおかしいと思うし、改善すればもっと優秀な人材も育つのではないか、
そういうのも関係なく実力で評価される日本になれば、更に日本も良くなると思います。

そばを食べるとき

そばを食べるとき、ほとんどといっていいほど、啜る音を立てて食べます。しかし外国人から見るとそのしぐさがどうしても納得できないみたいです。理由は、人に迷惑をかけるから、またうるさいから、気にするからなどです。そもそもスープを飲むときは、音を立てて飲んではいけないといわれるのに、なんでそばやうどん、ラーメンなどの麺類は音を立てて食べるのか?いまいち日本人でも理解している人は少ないと思います。理由がわからないのに、音を立てて食べることがとてもおかしいと思います。

包茎を嫌がる日本人

男性の事ですが、誰でも中学、高校ぐらいになると包茎を気にしだすと思います。大人になると皮かむりはダメと思いこまされ何人もの人が手術を受けたりします。でも外人を見ると割と皮かむりの人が多いです。中には皮がない人もいますががこのような人は宗教上小さい時に割礼を受け皮が切られているためにないだけです。
皮があるのは自然な事なのに不潔だ、女性も嫌いだという事で無理やり剥いたり、手術して皮を切り落とすなんて馬鹿げていると思います。外国では逆に皮を付ける手術をする人もいるというのに。

お金より人と過ごす時間を

結婚祝い・お年玉・新築/引っ越し祝いなど、なんでもかんでもお金で気持ちの大きさをを表そうとするところ。私は兄弟が4人いるのでその分毎年のお年玉も大変なのですが、いっそのことならその分をお互いが子育てのために使った方がいいんじゃないかとさえ思います。結婚するカップルにあらかじめほしいものを聞いておいて必要なものをプレゼントする『リスト・ド・マリアージュのように、確実にモノが無駄にならない方法で贈り物をした方がいいと思うし、モノではなく目の前に流れる時間をじっくり味わった方が楽しいです。