東京オリンピックと大阪万博

東京オリンピックの次は大阪万博の誘致だそうです。
この動きにネットでは、「昭和かよ」という意見が書き込まれていましたが、実際に前のオリンピックと万博を経験した世代の人たちも、意見はやはり「昭和かよ」のようです。

1964年の東京オリンピックと1970年の大阪万博。当時の日本は、高度成長期真只中。人々は、普通に働いていれば、毎年収入も上がる。いまの日本と比べ、なんと精神的ストレスが少ない時代だったことか。
1964年の東京オリンピックは、太平洋戦争後のひとつの節目。連合軍に大敗した日本が見事に復興を遂げ。再び世界へ旅立とうとしている。そのことを象徴したものでした。その成功を追認する形で実施されたのが大阪万博です。

それに対し、2020年の東京オリンピックの位置づけはどうなのでしょうか。そして大阪万博の誘致に成功したなら、それは世界に対するどのようなメッセージになるのか。

現状の日本、底が見えない少子化。日銀の金融緩和で、辛うじて正常を繕っている経済。
こんな状態で、ビッグ・イベントを催す。
こんな実態を放置している日本人。やはり、どこかおかしいです。

日本人は他の人を気にしすぎ

私が日本人のおかしいと思う点は、人のことを気にしすぎると言う事です。
自分の意見がないというか、人に合わせる人が多いと感じます。
自分が正しいと思っても、これを言ったらみんなどう思うだろうかと多くの人は考えを曲げます。
外国の方は自分の意見をきちんと持っていて素晴らしいと思います。
日本では派閥や年功序列などもあり、思ったことをあまり言えないのが現実です。
私は日本人のこんなところがおかしいと思うし、改善すればもっと優秀な人材も育つのではないか、
そういうのも関係なく実力で評価される日本になれば、更に日本も良くなると思います。